ボッタクリ支払い 取り戻せる

ボッタクリの支払いを取り戻すのは難しいでしょう。

理由は、「ぼったくり」を定義するのが難しいからです。

たとえば0分10万円。 これは高いですね。 でも、夜のお店で、女性が席に着くタイプのお店の場合は、高いとも言い切れません。

チャージ料、指名料、女の子のドリンク代、サービス料など、金額が曖昧な項目が多く、どうにでもコントロールできるからです。

女性が着くチャージ料金、30分で1万円だとしても、高級クラブならあり得るでしょう。 これに自分の飲食、女の子のドリンク(1杯3000円などメニューに書いてあります)。

3杯飲んで1万円。30分でも女性は3人くらいは来るでしょうから、3万円。ご自身の分で1~2万円。それにサービス料などを乗せられると、8万円くらいは適正価格になってしまうのです。

歌舞伎町の交番前でモメてたりするのは、警察は介入できないからですね。

 

となると、裁判で争っても2万円程度の割引のために、裁判手数料や自分の時間を使うことになり、現実的には「授業料・・・」とすることが多くなります。

もちろん法外な値段であれば、裁判を行い勝利することは可能でしょう。 ケガがあれば傷害罪、監禁罪、脅迫罪などに触れる行為があれば可能です。

しかし支払いの判決が出たところで、支払い義務がなければ払いません。

というのも、そもそも違法行為スレスレなのを分かっているので、代理の店長をやとったり会社名を変更するのは普通のことです。 つまり、複数の裁判で負けたところで、法人を破産させれば終わりです。

破産した法人からは当然払われることもないので、裁判に勝っても難しいのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>